ずっとマイナス思考だった私。夫の病気をきっかけに、自分自身も変わらねばと気づきました。
マイナス思考からの脱却!! ~ギャンブル依存症の夫とともに~
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
思い込みを外す
2011-07-03-Sun  CATEGORY: マイナス思考の治し方
ご無沙汰しております。

更新を全くしてないにもかかわらず、ご訪問いただき、拍手をたくさんいただいた方々に感謝しております。

さてさて、近況報告ですが。。。

私は、相変わらず仕事・家事・育児と毎日忙しい日々を送っております。

子供たちも、成長をして毎日元気に過ごしてます。

夫は、このブログを更新しなかった時もスリップはありましたが、

その度に反省・なんとか自分を変えていこう!!と努力をしているようです。

スリップしながらもGAにも通い続け、最近チェアマン(グループの責任者)になったようです。

長年通い続けてる方々はもっとおられるようですが、

うつ病などの精神疾患を抱えてる方が多いようで、自分がやろうと思ったようです。

夫に関しては、驚くほどの成長を遂げてるように映ります。


つづきを表示
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック1
心を開くこと。。。
2009-06-25-Thu  CATEGORY: マイナス思考の治し方
私は夫の病気が発覚するまで、ものすごいマイナス思考でした。

~なったらどうしよう。あの時~しとけば良かった・・・等々。

どんな状況でも、プラスの面、マイナスの面を持ち合わせています。
なのに、マイナスの面ばかりをみて、くよくよくよくよ。。。

ただ私のいいところ(自分で言うのもなんですが)
そのくよくよを親しい間柄の人の前では出せるところです。

母親、親友、夫・・・・今思うとよく私のくよくよ話しに付き合ってくれてたなぁ・・・と思います。

私なら自分も暗くなってしまい、マイナス思考の人には近づかないようにします。

彼らがなぜ付き合えたのか・・・プラス思考だからです。。。

彼らに色んなシーンで悩みやくよくよ事を相談すると、
私では思ってもみない方向からアドバイスをくれます。

それがヒントとなって、私はどん底からでも這い上がってこれました。

夫がギャンブル依存症であるという問題を抱えて、

悩みが深すぎて、さすがに母親や親友もどうしていいか分からないようです。

ただ、親友が私に言ってくれた言葉。

「アンタはいつもどんな状況でも這い上がってこれたんだから、
今度も絶対這い上がってこれる人やよ。
その這い上がる力にいつも感心してて、私はそれに力をもらってるよ。
私はプラス思考やけど、とんでもなく落ち込んだ事態になった時、
這い上がってこれるか自信ないよ。
その時は這い上がり方をアンタに相談するわ。」

その言葉が胸に響きました。

私がどん底から這い上がって、プラス思考になろうと決心できたのも、
その言葉のおかげです。

と、同時に私のマイナス思考も役にたってたんだーということ。
落ち込んでくよくよしてる私を励まして、
それによって解決していく姿をみて、
彼女も力をもらってたんだーーという事実。

私はマイナス思考なので、自分に自信がなく、自分のことが嫌いなんですね。
だから、そんな私に何で彼女が付き合ってくれるのか分からなかったのです。
そう、こんな私でも、力を与えてたんです。

価値のない人間なんてどこにもいません。

多くの人が理解できなくても、
心を開けば、救いの手を差しのべてくれる人は必ずいます。

こうやってブログを書くだけでも、いつも励ましの言葉を下さるブロ友さんとの関係を築くことができました。
それによって私は立ち直っていけたし、
私の立ち直る姿を見て、ブロ友さんたちは力を貰うと言って下さいます。

夫は・・・心を開くのが苦手な人です。
妻である私にさえも、カッコをつけるタイプの人です。
仕事上の付き合いは上手ですが、腹をわって話せる友達はいないように思います。。。

GAに通い、彼はその訓練をしているようなものです。
自分の素直な気持ち、言いっぱなし、聞きっぱなしのミーティングは、彼の心を少しずつ解かしていくのでしょうか。。。

心を開くこと。
これが一番の心の健康を取り戻す秘訣だと思います。


↓ポチッと押してやって下さい↓



FC2ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
ひび割れた水がめ
2008-09-13-Sat  CATEGORY: マイナス思考の治し方
図書館で、立ち読みしてた雑誌の中で、いい話しが載ってあったので、紹介しますね。

インドの水汲み男の話です。

毎日、川から汲んだ水を、二つの水がめに入れて、天秤にしてかついで、家まで運びます。

右側の水がめは、ひび割れもなく満杯の水を毎日運びます。

ところが、左側の水がめは、ひび割れがあって、主(あるじ)の家に到着した頃には、半分しか運べないのです。

それを気にした水がめ(まるで水がめが生きているような描写で書かれてました)が、主(あるじ)に、自分を壊してくれと頼みます。

が、主(あるじ)は全く取り合わず、毎日その二つの水がめで水を運ぶのです。

何年かたったある日も、またひび割れのある水がめは、主(あるじ)に自分は役に立たないので、壊してくれと頼みます。

すると、主(あるじ)は、毎日通る道をみせて、

「君が通ってきた側にだけ、花がさいている。ひび割れから滴った水のおかげで花を咲かすことができたんだ。」

と教えました。

左側の水がめは、右側の水がめと比べ、ひび割れのある自分が大嫌いだったけれど、ひび割れのあるおかげで、花を咲かせることができ、自分を誇りに思えるようになりました。

と同時に、右側の水がめも、毎日満杯の水は運べたけれども、花を咲かすことができなかった自分に気づくことができました。


誰でも、長所と短所は持っています。

そして、その短所と思ってる部分は、同時に長所でもあるのです。

マイナス思考の私は、この水がめのように誰かと比べて、自分の劣っている点をみつめては、自己嫌悪に陥りがちです。

視点をかえてみてみる。

短所は同時に長所であると自信をもって生きていきたいものですね。







ブログランキングに登録しました。
↓ポチッと押してやって下さい↓



FC2ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント12
ホームレス中学生
2008-07-13-Sun  CATEGORY: マイナス思考の治し方
昨日ドラマやってるの見ましたか?

いやーー感動しました!!

っというか、いくつもの人生のテーマがそこから学ぶことができました。

究極は、生きてさえいればなんとかなる!! ってことですね。

最近の人は、とっても贅沢になってて、欲、欲、欲の塊ですよね。

隣の芝生が青く見え、ないものねだりばっかしてる。

毎日、ご飯が食べれることが、どれだけありがたいことか。

何気ない日常に、感謝しなければ・・・って思いました。

それと、田村少年の母の存在の大きさ、いやいや子供にとっての母の存在の大きさを改めて感じました。

完璧な母でなくても、子供に対して愛情をたっぷりかけて育てよう!!

愛情をいっぱいかけて育てれば、きっと私にもしものことがあっても、それに打ち勝つ精神力が養えるんではないかなぁとも思いました。

公園生活、雨をシャワー代わりにする、プラス思考。

やはり、プラス思考になると、どんな状況でも楽しめていいですね。

助けてくれた少年の友達の家族。街の人々の温かさ。

困難な状況になったからこそ、深まるであろう兄弟関係。

ホント、色んなテーマが描かれてました。

夫がギャンブル依存症で、借金があることぐらい、大した問題じゃないなぁ・・・とまで感じました。

生きてさえいれば、人生なんとかなるんです!!

原作読んでみよっと










ブログランキングに登録しました。
↓ポチッと押してやって下さい↓



FC2ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント6
私のブログに訪問して下さる、Megiさんのブログに、「笑うこと」が病気をも防ぐという記事がかかれてありました。

確かに、当たってるような気がします。

色んなことを難しく考えすぎてると、笑うことも忘れ、ストレスがたまり、病気を招いているような気が・・・。

現実、私の二人の子供達。

上の子は、初めての育児ということもあり、不安・不安・不安・・・・。

カン虫、夜泣き、ひきつけを起こすタイプの子供だったこともあり、かなり神経質に育てておりました。

現在2年の娘。神経質で繊細な子です。不安が常に先にたってしまいます。

下の子。上の子と比べるとなんとも育てやすい。何事もなく、すやすや眠ってる赤ちゃん。

私は、笑顔で育児をすることができました。

今4歳の息子。少々ヤンチャではありますが、とにかくよく笑います。

怒られても、笑いでごまかすところもありますが・・・。

「笑い隊長」とあだ名がつく程、クラスでもちょっとしたことで、ゲラゲラ笑ってるので、周囲もつられて笑い、いつのまにか彼の周りは、子供達が集まってきます。

彼は、2歳の時に、「小児喘息の入り口にきている」と診断されました。

入り口から何処に行ったのでしょう。。。

彼の笑いは、免疫力を高めて、病気をもつっぱねたのかもしれません。

笑ってる人をみると、こちらまで楽しくなって、笑顔になります。

下の子は、相乗効果で、お互い笑いあい、いい関係を築けています。

上の子は、少々気難しいですが、こちらから笑顔で接し、彼女の笑顔もひっぱりだしてあげたいものです。




ブログランキングに登録しました。
↓ポチッと押してやって下さい↓



FC2ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント5


余白 Copyright © 2005 マイナス思考からの脱却!! ~ギャンブル依存症の夫とともに~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。