ずっとマイナス思考だった私。夫の病気をきっかけに、自分自身も変わらねばと気づきました。
マイナス思考からの脱却!! ~ギャンブル依存症の夫とともに~
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ギャンブル依存症について
2008-03-03-Mon  CATEGORY: ギャンブル依存症
夫はギャンブル依存症です。

医師に診断されたわけでもなく、私が本やらネットで調べた結果そう思ってるのです。

回復は、本人の「底つき感」のみです。

GAという、ギャンブル依存症者達が集まる自助グループがあります。

そこでは、名前も明かさず、自分の話をするのみです。

そして、相手の話も聞くのみです。

批判もしなければ、同調もしない。

普段人に言えないことを言い、似た境遇の人達の話を聞き、自分で気づき回復し続ける。

一度、夫を連れて行きました。

「自分は、ギャンブルがしたくてしたくてたまらないわけではないので、ギャンブル依存症ではない。」

参加後の夫の感想です。

そう、その当時は、ギャンブルで一儲けして、借金返済する為に行ってるだけであって、ギャンブルがしたくてたまらなくて行ってるわけではないというのです。

ギャンブル依存症は否認の病です。

多重債務で首がまわらなくなり、私にすべてがバレてから、「俺はおかしいから、病院にとりあえず行く」と言い出しました。

3ヶ月たった現在、まだ行ってません。

夫は、それ以外の部分は、申し分ないというか、いい夫であり、いい父であります。

子供の面倒もよくみてくれます。

朝早くから夜遅くまで働いてくれ、家族を養ってきてくれました。

夫は多分、完璧主義者なのでしょう。

会社でも仕事のできるトップ営業マン。

家族にもやさしく、家事も育児も手伝ってくれます。

そんな完璧な人が存在するわけないのです。

どこかでガス抜きしなければ・・・、夫の心は病んでいったんでしょう。。。

夫が「底付き感」を感じ、回復するのか!?

私には、もうあまり興味ありません。

「GA」につながってほしいこと、専門家に診てもらってほしいこと、家族に生活苦・借金生活をさせるのは、「DV」の一種であること、そして、騙され続けた私の心の傷は奥深いこと、すべて伝えてあります。

また同じことを繰り返すのであれば、別々の道を歩きます。

今は、まだ子供が小さいこと、私に経済力がないこと、子供達はお父さんになついてること、以上の理由から、離婚という道を選択しないだけです。

「私」が幸せになれる道をそのつど選択して、歩んでいくつもりです。

ブログランキングに登録しました!!
↓ポチッと押してやって下さい↓

FC2ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 マイナス思考からの脱却!! ~ギャンブル依存症の夫とともに~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。