ずっとマイナス思考だった私。夫の病気をきっかけに、自分自身も変わらねばと気づきました。
マイナス思考からの脱却!! ~ギャンブル依存症の夫とともに~
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
回転木馬
2009-05-04-Mon  CATEGORY: ギャンブル依存症
夫がスリップしました。

スリップ=ギャンブルをしてしまう状況を言います。
ギャンブル依存症というのは、回復し続けるとはあっても治ることはない・・・。

正常な範囲内でギャンブルを楽しむっていうことができなくなってる人の状態をいいます。
回復し続ける=「ギャンブルをしない」 状況を指します。。。

夫はGAに通うようになり、少しずつまともなことを言うようになってきていました。

ギャンブル依存症者は、否認の病なので、自分がギャンブル依存症と認めて、
回復に向かおうとしている人達が集まる自助グループ、GAに通うことが唯一の回復への道です。

回復の途中で、スリップすること、これもよくある事態です。

私も、ネットや本で勉強して、色々なことを知っています。

ギャンブル依存症者の隣には、必ず共依存症者がいて、彼らの病気を進行させる役割をしています。
彼らの妻であったり、母であったり、借金やらのトラブルが起きた時に、尻拭いをする人のことを指します。
ギャンブル依存症者が行った行為で、ダメージを全部かぶってしまう役割をします。
そして、もう二度としないことを誓わせて、家族崩壊の危機から救い、彼を家族として再び迎えいれてしまいます。

そう、まさに私のポジションです。

家族として、普通の人が考える範疇で、当たり前と思う行為が、ギャンブル依存症者の病状を進行させてしまっているのです。

そう、そしてその関係が変わらない限り、回転木馬のように同じ状況が周り続けるのです。。。

続きを読む前に
↓ポチッと押してやって下さい↓



FC2ブログランキング


共依存から脱却しなければ!!
私のここのところの目標でした。

夫中心ではなく、自分中心の軸で人生を歩くこと。
仕事や子供達のことや友達との時間を楽しんだり、ここのところ私の人生は充実していました。

共依存脱却!! 少しずつですが、でき初めているような気はします。

夫はGAに通いだしたので、私はギャマノンの通うことなく、夫の病気のことはなるべく考えないように過ごしていたのかもしれません。

私達家族はうまくいきかけてる・・・・。

そんな矢先のスリップ。
しかも、私がその証拠を発見してしまいました。

またスロット行って、借金をしたことを隠している・・・。

GAに通ってもそのことを言えずにいる・・・。

なんの為のGAなの。。。心を開いてないのでは、通ってる意味がないのでは。。。

回転木馬は、まだ周り続けていたのです。。。

夫に、泣いて喚いて「出て行け!!もう離婚する!!」と罵りました。

そう、何度も何度も遭遇するこの状況。
「離婚する」と言いながら、離婚しない妻・・・まさに、ギャンブル依存症者にとっては、以前もそういいながら、大丈夫だったから、、、という実績を積み上げているのです。

ギャマノン=家族の為の自助グループに参加してきました。

他の人の話を聞き、自分も話しをします。
それによって、見えてくるもの、気づかされるものが多々あります。

「否認という名の回転木馬」
そんな冊子を持ち帰り読みました。

小説風にギャンブル依存症のことを書かれてあるのですが、私のような立場の人を「挑発者」と書かれてました。

この劇は第1幕~第3幕で、3幕は1幕と同じ。ギャンブル依存症者がギャンブルを始めるのです。

見てる観客は、何同じことやってるんだ!?と思う小説です。・・・まさに回転木馬。

この回転木馬を止めることができるのは・・・第2幕。

そして、キーパーソンは、「挑発者」・・・・私です。。。

第2幕では、ギャンブル依存症者は受動的になっている。
隠し事がバレた状態の時ですね。。。

泣く、罵る・・・どうしてギャンブルを辞めれないのかを問う。
このような行為をしてるようでは、また回転木馬は周り出します。

しかし、それはごくごく普通の人の当たり前の行動。
家族であるならば、当然です。。。

なので、それを改善していく為には、私のような独学では限界があります。。。
ギャマノンのミーティングには通い続けないとダメだなぁ・・・と思い始めました。
そして、ギャンブル依存症の知識があるカウンセラーと面談してみる。

私自身、変わってきてるなぁ・・・と思うことはあるけれども、

何かが起きた時の反応は、やはり以前と同じ。

感情を引きずらなくはなりましたが、専門機関にきちんとつながって、本当の意味での共依存を脱却しなければと思っています。

スリップはしたけれども、GAに通い続けている夫。
回復への道は閉ざされたわけではありません。。

夫はGAに通い、私はギャマノンに通い、どう変っていくのか。

夫婦の形って人ぞれぞれですね。。。

どうなっていくのか、楽しみになってきました~!!
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2009-05-05-Tue 23:14 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメ様
コメントnatamama | URL | 2009-05-06-Wed 11:55 [EDIT]
貴重なご意見ありがとうございます。
なんとなくね、分かってるんですよ。
私が側にいる限りは回復に向かうことはないのかなって。。。

たしかに、おっしゃる通り、私自身が離婚するのが怖いのかもしれませんね。。。子供の問題、経済的な問題、世間体・・・。

今はこのままの生活と離婚後の生活を想像して、天秤にかけてどちらがメリットが大きいかを考えて、まだまだ結婚してる方がメリットが大きいので、そちらを選んでる感じですかね。。。

ただ、私は色んなことを生真面目にきちんと考える傾向があるんですよね。。。なぜこうなったのか~とか、これからどうすべきか~とか。。。
なんだかそういう生き方も疲れるなぁ・・・と思い始めています。
自分の本能とか、何が好きかとか、そういう気持ちを大切にしたいなぁと思っています。

ギャマノンに通うのは、そんな自分探しの為です。
ギャマノンはミーティングなので、向き不向きはあると思います。
が、私は人と話すことが好きで、人の輪の中にいるのが好きなんですよね。
皆さん、ギャンブル依存症者に振り回されずに、自分がどうやって歩いていくかという道を模索している方々ばかりで、目的が同じなので、とても励みになります。
逆に夫のギャンブル依存症を治したいっていうのが目的の人は、続かないと思います。

まぁ、私はいつでも赤の他人になれる立場ですから、気楽ですよ~!!
一度きりの人生、お互い楽しみましょうね!!
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2009-05-08-Fri 08:32 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントnatamama | URL | 2009-05-08-Fri 16:10 [EDIT]
貴重なご意見ありがとうございます。
あ~、現実的にそんな話しを聞くと、私がもっともっと強くならないと、離婚後もしんどいだろうなぁ・・・って思ってしまいますね。。。
子供達は何も知らないし、やさしいしよく遊んでくれる良いパパなんですよね。
そこを切り離した後の子供達の心の傷を想像するだけで、タイミングは今じゃないな。。。って実感します。
話す=離すって表現するのすごくいい感じです。
確かに、話すことで心の中にあるモヤモヤを離すことができます。
話すことでストレス解消できる女性に生まれてきて良かったって思いますよね!!
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 マイナス思考からの脱却!! ~ギャンブル依存症の夫とともに~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。