ずっとマイナス思考だった私。夫の病気をきっかけに、自分自身も変わらねばと気づきました。
マイナス思考からの脱却!! ~ギャンブル依存症の夫とともに~
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
まずは家族から。。。
2009-05-31-Sun  CATEGORY: ギャンブル依存症
夫がギャンブル依存症となって、もがき苦しんだ日々がありました。
数々の嘘・偽り・借金・子供のお金まで持ち出す、婚約指環を質に入れる・・・。

ギャマノンではそれは家族への愛情が欠如しているからするのではなく、
病気だからする行動であることを学びます。

病気が起している行動・言動に振り回される家族。

それに振り回されないよう、ギャマノンにつながってステップを学んでいきます。
相手がまたギャンブルをして借金を膨らまそうが、それに動じない揺れない心を築き上げる。
とても難しくって、そのステップは長時間かかるだろうなぁ・・・と思われます。

ギャンブル依存症は治癒しない病気なので行く末は、

①回復し続ける
②自殺する
③犯罪を犯す

この3つくらいしかないそうです。

ギャンブル依存症者の家族は②や③を避けたいが為に、借金の尻拭いをしたり、私がなんとかしなければ・・・とか、私に何かできることがあるはず・・・、という間違った行動をとる為に病気をますます進行させてしまいます。

私ももちろんそういうまちがった行動をとり続けてました。
そして、ギャンブル依存症者の病気を進行させてる手助けをしている役をしているのも分からずに、自分は被害者だと信じてました。

まずは、気付いた家族から改善していくこと。
ギャンブラーに対するこちらの反応、怒ったり、なじったり、責めたりしないこと。

ギャンブラーに対して、無力であること、何もしてあげれることはないことに気付くこと。
そこから、家族の回復が始まります。

専門科の先生は、家族がギャマノンにつながってる人の方が、②や③は回避しやすいとおっしゃってました。

このブログを始めて少しづつですが私自身、マイナス思考をやめてグチグチいうことが減ってきてます。
ため息をもらさなくなりました。
プラスのことを考えるようにして、ユーモアの溢れる楽しい家庭を築きたいと願っているので、よくしゃべって、よく笑っています。
私の態度の違いが、夫は家に帰るのが楽になった・・・といいます。

以前は、仕事の悩みや愚痴を言うと、私は凹むし感情を引きずるタイプなので、言えなかったといいます。
今は、私がプラスの言葉を発するので、しゃべると元気になるそうです。

しかし、夫が回復に向かうのか向かわないかは、私の問題ではありません。

「変えられないものは受け入れる」
「変えれるものは変えていく」
二つのものを見極める賢さをもって過ごしていきたいと思います。




↓ポチッと押してやって下さい↓



FC2ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント5
ギャンブル依存症者の家族会
2009-05-24-Sun  CATEGORY: ギャンブル依存症
夫がスリップをしてしまってから、それによってまた振り回された私の感情。

共依存体質を改善せねばと、仕事や趣味や子供との生活に打ち込んでみたり。。。
人生を楽しもう!! 考え方を変えればこんなに人生って楽しいんだ!! って思えるようになってました。

でも、完治はしないギャンブル依存症という病気。
それを患っている夫と家族である以上、彼に影響を受けずに過ごすことの難しさを感じました。

ネットや本で色々勉強はしてるものの一人の力では限界を感じます。

ギャマノン=ギャンブル依存症者の家族の為に自助グループ
また、通い始めました。

同じ悩みを持つ人達の話を聞け、自分も心の荷物をそこに降ろす。
そんな場があるのはありがたい話だなぁ・・・と思います。
私の通う支部は、重たい境遇でありながらも、明るい方たちが多く、ミーティング後のフェローシップといって、自由に語らいができる時間は楽しい一時です。
時には笑いもあり、なんだかこの人達に出会えて良かったなぁ・・・と思います。
夫の問題がなければ、出会えなかった人達です。
と思うと、人生に無駄なことってないんですよね。

つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
回転木馬
2009-05-04-Mon  CATEGORY: ギャンブル依存症
夫がスリップしました。

スリップ=ギャンブルをしてしまう状況を言います。
ギャンブル依存症というのは、回復し続けるとはあっても治ることはない・・・。

正常な範囲内でギャンブルを楽しむっていうことができなくなってる人の状態をいいます。
回復し続ける=「ギャンブルをしない」 状況を指します。。。

夫はGAに通うようになり、少しずつまともなことを言うようになってきていました。

ギャンブル依存症者は、否認の病なので、自分がギャンブル依存症と認めて、
回復に向かおうとしている人達が集まる自助グループ、GAに通うことが唯一の回復への道です。

回復の途中で、スリップすること、これもよくある事態です。

私も、ネットや本で勉強して、色々なことを知っています。

ギャンブル依存症者の隣には、必ず共依存症者がいて、彼らの病気を進行させる役割をしています。
彼らの妻であったり、母であったり、借金やらのトラブルが起きた時に、尻拭いをする人のことを指します。
ギャンブル依存症者が行った行為で、ダメージを全部かぶってしまう役割をします。
そして、もう二度としないことを誓わせて、家族崩壊の危機から救い、彼を家族として再び迎えいれてしまいます。

そう、まさに私のポジションです。

家族として、普通の人が考える範疇で、当たり前と思う行為が、ギャンブル依存症者の病状を進行させてしまっているのです。

そう、そしてその関係が変わらない限り、回転木馬のように同じ状況が周り続けるのです。。。

続きを読む前に
↓ポチッと押してやって下さい↓



FC2ブログランキング


つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
返済額決定
2009-01-25-Sun  CATEGORY: ギャンブル依存症
債務整理して、月々の返済額がようやく決定しました。

弁護士に依頼してから約1年。こんなにもかかるものなのですね。

消費者金融数社からの多重債務だったのですが、

1社がありがたい(?)ことに、かれこれ15年位のお付き合いだったらしく、

還付金が発生しました。

おかげで、思ってた額ほどではなく、なんとか生活していけそうです。

その後の夫は・・・。

年末年始、仕事で行けないこともありますが、GAには参加し続けています。

GAにつながっても、続けていける人はほんの5%程度だそうです。

夫の話しですが。。。

病院に行っても、カウンセリングに通っても、ギャンブル依存症は治らない。

なぜなら、そこに「治してもらいたい」という受動的な思いがあるから。

GAは、「ギャンブル依存症を治したい!!」という能動的な思いの人が集まっている。

どうすれば治るのか・・・、ギャンブルをやめ続けることができるのか・・・。

人の話を聞き、自分の今の思いを語ることによって、自分自身の意識改革をしていく。

ギャンブル依存症を治せるのは、自分自身しかないんだ。。。

GAに数回通って辞めていく人は、きっとそれに気づかずに、「治してもらえる」と思ってくる人達だろう。。。

できる限り長くGAにつながらないと、回復は難しいだろうなぁ。


家計簿も彼がつけ続けています。

日記はポツポツになってきましたが、

彼の口から、今仕事がどれだけ大変か、こんなことで苦労している・・・等々、よく話すようになってきました。

不景気のあおりを受け、会社も大変な状況らしく、夫の気苦労は絶えません。

前ならスロットでうさばらし  →  帰宅が遅く私が不機嫌に → 夫に文句を言ってしまう → 夫は言い返したりしない人なので、またスロットでうさばらし

悪循環が繰り広げられておりました。

夫の帰宅時間は早くなりました。 

私自身、マイナス思考から脱却!! あんまりマイナスの部分に目を向けなくなったので、愚痴や文句を言わなくなりました。

以前の私の態度では、夫は弱音を吐けるような状態ではなかったのです。

以前では考えられなった、私が夫を励ましてるという構図がみうけられます。

ギャンブル依存症という難病をかかえたことによって、私達夫婦も別の形へと変化しつつあります。

私達にとっては、どうしても通らなければならなかった道なのかもしれません。。。

ギャンブル依存症という病にかかり、辞めたくても辞めれない・・・。

家族にスロットをしていることを隠し、借金を隠し、バレたら家庭崩壊してしまう。子供達と会えなくなる。

なんとかしなければ・・・なんとかしなければ・・・

夫も相当辛かっただろうと思います。

すべてが発覚して、正直ホッとした。 これが夫の感想です。

壊れた信頼を回復するのは、とてつもない努力と時間がかかるだろうけど、
自分の犯した罪はつぐなっていきたいそうです。。。

私自身は、自分の精神状態が安定したので、もうギャマノンには通ってません。

私は夫がギャンブル依存症になったおかげで、共依存体質を脱却!!

新しい自分に出会えて、ある意味感謝しています。

どんなことにも、人生には無意味なことはないものですね。。。



ブログランキングに登録しました。
↓ポチッと押してやって下さい↓



FC2ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント8
あれから1年・・・
2008-11-16-Sun  CATEGORY: ギャンブル依存症
こんばんは!! ご無沙汰しております。

さてさて、消費者金融への多重債務発覚から1年。

昨年の今頃の私・・・・どん底だったなぁ。。。

少し振り返ってみたいと思います。

発覚してからというもの、もう何もかもどうにでもなれ!! という気持ち・・・。

1点を見つめる日々。

このまま、私がおかしくなったら夫の責任だ!! それでもいい・・・もうどうでもいい。。。

夫なんていらない!! 死んでくれ~とまで思ってました。

そんな私の心をまず救ったのは、夫と債務整理の相談をする為に訪れたNPOの相談員。

「今の生活を物語にして、ご主人が主人公のストーリーなら、奥さんは相手役の重要な配役。
でも、奥さんを主人公にしたストーリーなら、ダンナさんは足を引っ張るいらないキャストですね。」

その言葉にハッとしました。

その後、市がやってる女性の為の心の電話相談なるものに、電話してみました。

「借金癖は治らないですよ~。でも、離婚はいつでもできるので早まらないこと。ただ、この状況を変えずに何度も借金を繰り返すようであれば、奥さんの心が蝕まれていきます。一番怖いのは、奥さんが心の病にでもなったら、離婚するという選択肢がなくなってしまうことです。」

その2つの話しをきっかけに、私は「私」を見失ってることに気づきました。

まずは、思考の癖、マイナス思考を治そうと、ブログを始めました。

色々な本も読み、ブロ友との出会いもあり、少しずつですが自分を取り戻していきました。

いやいや、自分を取り戻すというより、1年前の自分とは違い大きく成長した気がします。

夫が勝手なことをした時、怒りはぶつけます。

そういうことをしてほしくないことを伝えます。

ここまでは、以前と変わらないのですが、「私がこんなに~してるのに」とか「私が~したことは台無しだ」とかグチグチ言ったり、「次は絶対にしない!?」と詮索したりをしなくなりました。

夫は夫。自分は自分。

そんな生活に変わってから、夫婦関係は以前よりよくなった気がします。


自分が大きく変わってきたら、それにつれ夫も変わろうと努力しているようです。

以前、私がギャマノンに行く時に、一緒にGAに参加した夫。

その後、毎週通うことを自分の意思で決め、現在も続けています。

そこから、色々気づきがあるようです。


夫がGAにつながって、少しずつ変わろうと努力してくれてる姿を見ることは、安心材料であることを夫に伝えています。

ギャンブル依存症という病。一筋縄ではいかない病です。

回復に向かったり、スリップ(またギャンブルしてしまうこと)したり、を繰り返すものなのです。

まぁ、それも夫の問題なので、問題は夫にお任せして、私は有意義な日々を楽しんでます!!


ブログランキングに登録しました。
↓ポチッと押してやって下さい↓



FC2ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント2


余白 Copyright © 2005 マイナス思考からの脱却!! ~ギャンブル依存症の夫とともに~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。